ライフヒストリー

長野の冬休みの話

このエントリーをはてなブックマークに追加

書き方コンサルタントのふじいみほです。

「過去と未来をつなぐライフヒストリー」として、私の半生を辿っています。

 

長野の冬は、大人にとっては雪かきという大仕事があります。

寒いのは嫌でしたが、子供にとっては、夏と同じくらい楽しいことがたくさんありました。

祖母の家は山の中腹にあり、下から上がってくると、駐車スペースから敷地に入り、畑の前を通ってスロープを上がり、母屋に行く、という形になっていました。

畑もスロープも雪で覆われます。

(冒頭の写真は、畑に積もった雪の中で遊ぶ、弟と私です)

さらに、毎日雪かきや屋根の雪下ろしをして、その雪が畑や家の前に積み上がっていきます。

あっという間に庭にミニゲレンデが出現!

積み上げた雪は母屋の屋根に届くくらいになり、そこからスロープ、畑へとコースができあがります。

ソリや、子供用の小さいスキーくらいなら滑ることができました。

納屋のそばでスキーを練習する母と私。

積もった雪を横から掘るだけで、かまくらもできました。

車で15分くらいのところに、こじんまりとしたファミリースキー場があり、雪かきが終わると、叔父家族と一緒に毎日のように滑りに行っていました。

これは後で母から聞いた話ですが、私と弟にスキーを教えるために、父親がわざわざ、新潟県の浦佐にあるスキー学校にまで入って学んできたそうです。

そういう意気込みで、私たち姉弟にスキーを熱心に教えてくれてました。

スキーをする父

叔父や叔母は、自分たちも滑りたいので、さっさとリフトに乗ってゲレンデの上まで行ってしまいます。

その息子であるいとこも一緒に行き、上からさーっと滑ってきます。

その間、父と一緒にいる私と弟、母は何をしていたかというと―――

ゆるい斜面をひたすら横になって登り(スキーを履いて斜面を登るわけです)、ボーゲンという基本的な滑り方を父から習っていたのでした。

教えてもらいながらゆっくり降りてきたとしても、登る方が時間がかかるのです。

何度も登ったり降りたりして、足が痛くなりました。

(このせいで私の足は太くなったんじゃないかと思ったものです……)

お気づきかと思いますが、いわゆる“体育会系”のノリだったんですね。

どやされはしませんでしたが、地道な練習でした。

いとこや叔父と。スキー場で休憩時に食べるおやつも楽しみのひとつ。

まるでウサギとカメのように、私たちはえっちらおっちら斜面を登り、何度も同じ練習をする。

いとこはリフトで登っては直滑降でシャーっと降りてくる。

そんなことを繰り返していました。

そして、数年後。

私と弟は父の指導の結果、ボーゲン、ウェーデルン、パラレルターンまで滑れるようになったのです。

一方、いとこはというと、ずっと我流で滑ってきたので、気づいたころにはひとつの滑り方しかできない状態でした。

私たちが滑れるのを見て、「なんで教えてくれなかったの!?」と自分の親に食ってかかっていました。

普段は気のいい人が怒っていたので、よほど悔しかったのでしょう。

お昼のラーメンを食べながら、フクザツな心境になりました……。

(昔ながらのラーメンやカレーライスは、スキー場にある食堂の定番でしたね)

(イメージ)
父は、自分の子供と接することさえ不器用なところがありましたが、父なりに何かをしようと思っていたようです。
 
スキーや旅行に行った時に、よく8ミリフィルムで撮影をしていました。
 

当時はまだビデオがなかったので、撮影したフィルムを家で見る時は、ちょっとした上映会になりました。

スクリーンはふすまでしたけどね。

(つづく)

前の記事  長野の夏休みの話

次の記事  小学校3- 北から東へ

この記事を書いた人
ふじい みほ
ライター、コーチ、書き方コンサルタント。駆け出しひとり起業家や、ダブルワーカーの人ための、文章書き方セミナーを開催。kindleライター、ブックライターとしても活動中。2019年12月から横浜で毎月読書会を開催。お風呂でゆっくり読書をするのが至福の時間。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コラム