ライフヒストリー

小学校1- ひとつめの小学校

このエントリーをはてなブックマークに追加

書き方コンサルタントのふじいみほです。

「過去と未来をつなぐライフヒストリー」と題して、私の半生を辿っています。

 

小学校は、東京都練馬区にある大泉北小学校に行きました。

私が入学する年に、女性の校長先生が就任されるとのことで、教員をしていた両親が話題にしていたのを覚えています。

北小の校庭には、「どろんこ山」と呼ばれる土の山がありました。

本当に名前そのまんまで、芝生も何にも生えていなくて、そこで転んだら本当にどろんこになってしまう山でした。

いつも休み時間は、たくさんの生徒がどろんこ山に登って遊んでいました。

(イメージ)

北小の学校のマークが欅(けやき)の木で、校庭にはケヤキの木が植えられていました。

背が高くて、すっくと空に向かって伸びているケヤキの木が、とても好きでした。

(イメージ)

私が小学校1年生のころ、ゴダイゴが歌う「ビューティフルネーム」という歌が流行っていました。

ゴダイゴ ビューティフル・ネーム

運動会のためだったのか忘れてしまいましたが、その歌に合わせて踊るのが全校で行われていて、高学年の生徒が私たち低学年の生徒に踊りを教えてくれました。

昼休みになるとお姉さんたちが誘いに来て、校庭でみんなで輪になって練習しました。

踊りの内容はまったく覚えていないのですが、いつも声をかけに来てくれる高学年のお姉さんに懐いて、その時間を楽しみにしていました。

(イメージ)

正月明けに校庭でどんど焼き(正月飾りを集めて焼く)をしたり、

夏休みのプールで「死ぬ気でがんばれ!」と先生に言われて、初めて25メートルを泳いだり(その後熱を出しました)、

北小には2年間しか通わず、引っ込み思案だったわりには、強い印象が残っています。

保育園時代を含めて北大泉という場所と、長野の祖母の家が、私の原風景を作っているようです。

(つづく)

前の記事  幼少期3- 母の家出!?

次の記事  小学校2- 児童館と学童クラブ

この記事を書いた人
ふじい みほ
ライター、コーチ、書き方コンサルタント。駆け出しひとり起業家や、ダブルワーカーの人ための、文章書き方セミナーを開催。kindleライター、ブックライターとしても活動中。2019年12月から横浜で毎月読書会を開催。お風呂でゆっくり読書をするのが至福の時間。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コラム