ライフヒストリー

小学校7- 夏休みのドリル

このエントリーをはてなブックマークに追加

書き方コンサルタントのふじいみほです。

「過去と未来をつなぐライフヒストリー」と題して、私の半生を辿っています。

 

両親が教員をしていたこともあって、一応“いい子”にしていたし、見た目が真面目そうだったので、成績はともあれ、良い生徒の範疇に見られていたのではないかと思います。

しかし、面倒くさがりなのは小さい頃からで、ともかく夏休みのドリルが大嫌いでした

低学年のうちは、母親が「7月のうちに、やってしまいなさい!」とお尻をたたいてくれたので、宿題をすべて終わらせることができました。

(イメージ)

中学年になると、ほぼ放置され、夏休み最後の1週間でなんで宿題やってないの!?と怒られる始末。

本は好きでしたが、読書感想文は大嫌い

なので、これも最後まで大事にとっておいてしまうんですね。

8月27日あたりに本を読んでいて、8月30日にドリルをせっせとやっていると、

なんで本なんか読んでいたの!?

と言われましたが、しょうがないですよね。

どちらも宿題なんですから

優先順位をどうつけるかは、なんとも言えませんが。

(イメージ)

とうとう6年生の時は、途中でドリルを放棄しました

変なところで気が強く「どうせ親は仕事だし」という思いもあり、未完了のまま2学期を迎えました

ドリルを提出しないと、教室の後ろに立つことになります。

私のほかに立っていたのは、学童クラブで一緒だった男子生徒ひとりでした。

私が隣に立つと、びっくりした顔で見てましたけど……

後ろに立ったものの、結局はドリルをやり終えなければならず、始業式から1週間ほどして提出しました。

気が強いのに泣き虫で、(母に言わせると)わがままで弟にはきつくあたり、こうして書いていると、あまり“いい子”ではないですね。(苦笑)

(イメージ)

この頃からか、両親を見ていて疑問に思うことや、家族と一緒にいてイライラする時が出てきました。

父と母は、まったく同じ教員という仕事をしているのに、

なぜ母だけ早く帰ってきて、食事の支度をしなければならないのか?

なぜ父は夜9時頃帰ってきて、ご飯を食べたら横になってテレビを見てゴロゴロしてていいのか?

ものすごい不公平を感じました。

また、今でこそポテサラやジャムまで作る父ですが、当時はほとんど料理はせず、たまに早く帰ってきても、自分だけご飯と白湯で済ませて、さっさとリビングでごろっと寝転がるような人でした

スキーを教えてくれたり、旅行に連れて行ってくれる面もあるのに、私と弟はほったらかしなのです。

子供心に、いくらなんでもひどいなぁと思いました。

(イメージ)

しかし、父にイライラされるよりはずっとマシでした。

父は、ともかくご飯がないとダメな人で、「父が帰ってくるまでにご飯が炊けていること」は、母と私と弟の3人の鉄則でした。

朝、せっかくお米を研いだのに、帰宅してタイマーをかけ忘れていたことがわかると、冷や汗ものでした。

こんな感じだった人が、今では私が実家に行くと、ポテサラをたくさん作ってお土産に渡してくれるんですから、人生ってわからないものです。

(つづく)

前の記事  小学校6- はまった音楽

次の記事  小学校-8 サイン帳と卒業文集

この記事を書いた人
ふじい みほ
ライター、コーチ、書き方コンサルタント。駆け出しひとり起業家や、ダブルワーカーの人ための、文章書き方セミナーを開催。kindleライター、ブックライターとしても活動中。2019年12月から横浜で毎月読書会を開催。お風呂でゆっくり読書をするのが至福の時間。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コラム